いすゞは3日続落、インドネシア・ルピアなど新興国通貨安基調に懸念も

 いすゞ自動車<7202.T>は3日続落。米国の経済指標が底堅く推移し、量的緩和(QE)縮小の早期開始観測が浮上するなか、インド・ルピーやインドネシア・ルピアなど新興国通貨は下落基調にある。インドネシア・ルピアは8月下旬には1ドル=1万300ルピア近辺だったが、足もとでは1ドル=1万1800ルピア前後に下落。新興国通貨安が懸念されるなか、インドネシアなどアジア市場で高実績を誇る同社株には売りが先行している。

いすゞの株価は13時35分現在639円(▼9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)