<チャートの視点>=巴コーポ、13週線をサポートラインに上昇トレンド

 巴コーポレーション<1921.T>は右肩上がりにある13週移動平均線がサポートラインとなる格好で上昇トレンドが継続している。現在は9月17日に年初来高値650円をつけたあとの調整局面といった感があるものの、10月8日安値433円を底に徐々に下値が切り上がっている状況。足もとでは5日移動平均線(2日時点:494円)と25日移動平均線(同:500円)が接近しつつあり、チャート妙味が増している。
 なお、同社は売上高の85%超を鉄構建設事業が占めており、公共投資の増加や民間設備投資の回復傾向が追い風となりそう。大規模体育館やスタジアムの屋根を手掛けていることや本社が東京都中央区勝どきにあることで、今後折にふれて東京オリンピック関連として注目される可能性もありそうだ。

巴コーポの株価は14時19分現在504円(▼1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)