外為サマリー:103円30銭前後の円安、対ユーロも140円に接近

 3日の東京外国為替市場の円相場は、午後3時時点で1ドル=103円27~28銭近辺と前日午後5時時点に比べ75銭の円安・ドル高。対ユーロでは1ユーロ=139円86~90銭と同37銭の円安・ユーロ高で推移している。
 円相場は103円30銭前後の円安で推移。103円に乗せたことで一段の円安を狙った売りが増加している。11月26日時点のシカゴマーカンタイル取引所(CME)の国際通貨市場における円先物の売越幅は、前週比1万986枚多い12万3202枚に拡大。売越幅は2007年7月以来の水準に達しており、ファンド筋の売り姿勢の強さをみせつけている。
 この日、円は対ユーロでも一時、139円93銭をつけ2008年10月以来の水準にまで下落。140円乗せが目前に迫った。ユーロは対ドルで1ユーロ=1.3545~46ドルと前日に比べ 0.0061ドルのユーロ安・ドル高で推移している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)