アダストリアが11月次売上高を発表、ポイント既存店売上高2カ月連続で前年実績下回る

 アダストリアホールディングス<2685.T>がこの日の取引終了後、11月の国内月次売上高を発表。主力のポイントの既存店売上高は前年同月比1.3%減となり、2カ月連続で前年実績を下回った。一方、トリニティアーツは同12.3%増と2ケタ増で2カ月連続で前年実績を上回った。
 ポイントでは一部秋物商品の値引き販売で客単価が下落。気温の低下とともにコートやネルシャツ、カーディガン、ストールが売り上げを伸ばしたが、既存店売上高は前年実績を下回った。一方のトリニティアーツは、前月から引き続いてCM効果でブランドの認知度が上昇し客数が大幅に増加したことが売り上げを押し上げた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)