◆3日の米株式市場の概況 NYダウ3日続落、量的緩和縮小観測が流れる

 3日の米株式市場はNYダウが3日続落し、前日比94ドル15セント安の1万5914ドル62セントだった。ナスダック総合指数は同8.06ポイント安の4037.20で取引を終了した。NYダウの1万6000ドル割れは約2週間ぶり。
 直近の米経済指標の好転を受け、12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で量的緩和縮小が開始されるとの観測が浮上。6日の米雇用統計発表を前に売りが先行した。フォードやデュポン、ビザが安い。
 出来高概算はニューヨーク市場が7億6896万株、ナスダック市場が17億9904万株だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)