【買い】ミクシィ (2121) モンスターストライクがヒットの兆し = フェアトレード 田村 祐一

素直に順張り戦略で臨むことが良好か
2013年12月4日12時15分追記

前場は、前日比7.46%高の4465円で引けました。また寄付きからは2.6%高となっています。日経平均株価が300円超の下落と地合いが悪い中で、同社株価は売り買いが交錯しながらも株価上昇していることを考慮すると、強い株価上昇と言えるでしょう。後場もこの流れが継続する期待が持てるでしょう。

■注目銘柄
ミクシィ (2121)

■注目理由
同社は、SNS大手。直近は、「mixi」の会員数が減少傾向にあり、苦境を強いられていました。

同社を、新作アプリ「モンスターストライク」のヒットを期待した買いが継続する可能性が高いと判断しました。

直近同社株価は、「モンスターストライク」のヒット期待感から大きく株価上昇しており、短期的に強い上昇トレンドを形成しています。3日の株価は、一時ストップ高の4775円まで株価上昇しましたが、その後は利益確定売りに押され、4155円で引けています。3日は、ここ数日の上昇に対する利益確定売りが出ましたが、4日も売り買い交錯しながら、株価上昇して引ける可能性が高いと判断しました。ここは素直に順張り戦略で臨みたいと考えます。