デンソーが軟調、5000円台割れ水準は買い板も厚い

 デンソー<6902.T>が利食われ5000円台割れとなった。世界的な自動車生産の回復とエレクトロニクス化の進展で、事業機会の拡大期待からここ急速に上値を追い、11月27日には初の5000円台に乗せ上場来高値を更新する勢いをみせたが、きょうは全体相場の波乱にもまれ、売りに押されている。ただ、5000円を割り込んだところでは押し目買いも厚く足もとは4900円台後半で売りをこなす状況だ。省燃費や安全技術などで屈指の強みを持ち、車載電装品のラインアップは業界でも群を抜く。予防安全関連(アクティブ・セーフティ)の機構で欠かすことのできない各種センサーでも同社の存在感は大きく、海外投資家などの継続的な買いが観測されている。

デンソーの株価は11時11分現在4995円(▼125円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)