ソニーが反落、ルネサス鶴岡工場買収交渉報道も資金負担を意識

 ソニー<6758.T>が反落。全般地合い悪化と為替市場が円高に振れたことで売りが先行している。4日の日本経済新聞が「ルネサスエレクトロニクスの鶴岡工場(山形県鶴岡市)を買収する方向で交渉に入る」と報じたことも、資金負担の重さが意識されるなどネガティブにとらえられたようだ。ソニーは同工場をスマートフォンなどに組み込むカメラ用センサーの生産拠点に転換、世界シェア1位の同センサーで独走態勢を築く狙いと伝えている。

ソニーの株価は11時22分現在1859円(▼51円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)