明治海が堅調、材料株の強み発揮、バルチック指数7日続伸も追い風に

 明治海運<9115.T>が堅調。同社は海運株のなかでも個人投資家など短期筋の物色対象となりやすく、きょうも全般悪地合いのなかで材料株としての特性を発揮する展開。11月15日にマドを開けて25日移動平均線を上回ってからは、一度も25日線に接触することなく下値を切り上げている。ここにきてばら積み船市況の総合的な値動きを示すバルチック海運指数が回復歩調をみせていることも追い風材料だ。同指数は前日57ポイント上昇し、1922と1900台に乗せ、7日続伸となっている。

明治海の株価は11時26分現在452円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)