富士通は反落、三菱UFJMS証は目標株価を570円に引き上げ

 富士通<6702.T>が反落。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は3日付リポートで投資判断「アウトパフォーム」を維持、目標株価を従来の500円から570円に引き上げた。
 リポートでは「当証券では14年3月期通期業績について、営業利益は従来の1491億円から1493億円(前期比56.7%増)に引き上げる。国内SI(システムインテグレーション)受注は上期に続き10月も前年同期比10%増以上と好調、公共、官公庁、産業、金融などが牽引。国内設備投資が改善傾向であることを考えると、下期以降も堅調に推移すると予想。上期には不採算案件によるマイナス影響があったが(100億円)、採算管理徹底などで影響は上期で収束の見通し」としている。

富士通の株価は12時34分現在479円(▼8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)