ソルクシーズが一時ストップ高、SBI系で含み益拡大期待が人気後押し

 ソルクシーズ<4284.T>が一時ストップ高に買われる人気となった。10月から静かに上値慕いの展開をみせていたが、11月中旬以降は一気に上げ足が加速している。SBIグループに属するシステムインテグレターで、金融機関向けシステム受託開発を中心に手掛け今12月期は営業利益5割増の4億3000万円を見込むが、進捗率から一段の上乗せが有望という見方が強いほか、業績好調を背景に今期増配の可能性も指摘されている。今月11日に東証マザーズへ新規上場(IPO)するエンカレッジ・テクノロジの株主として保有株の含み益拡大期待も株価の押し上げ材料となっている。

ソルクシーズの株価は12時40分現在568円(△69円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)