アステラス薬は軟調、アンドロゲン受容体阻害剤「エンザルタミド」の第3相臨床試験を開始

 アステラス製薬<4503.T>が軟調。同社は4日、米国メディベーション社と共同で開発・商業化を進めているエンザルタミド(一般名MDV3100)について、非転移性去勢抵抗性前立腺がんの患者を対象とした第3相臨床試験の患者組み入れを開始したと発表した。
 この臨床試験では、米国、カナダ、欧州、南米、アジア太平洋地域の医療機関で、前立腺がん患者約1500人が組み入れられる予定。アンドロゲン除去療法後に症状が悪化したリスクの高い前立腺がん患者のうち、無症候性で、転移が確認されていない患者が対象となる。今後、早期の前立腺がんに対する選択肢の幅が広がることが期待されている。

アステラス薬の株価は12時41分現在6010円(▼160円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)