みずほFGが続落、大和証券は「買い」目標株価260円を継続

 みずほフィナンシャルグループ<8411.T>が続落。大和証券では3日付で、投資判断「買い」、目標株価260円を継続している。(1)2013年度業績の銀行計画からの上振れ期待が強まる一方、(2)8倍台にある14年3月期予想PERや2%台後半の予想配当利回りに割安感は強い、(3)13年9月期末の実績BPSは246円に上昇しており、PBRも0.8倍台と低位にある、ことを注目点として指摘。また、基本的な投資推奨のスタンスとして、首都圏に強い顧客基盤を有する同行に対しては、東京圏での投資拡大や地価上昇を想定する中で、中長期的な本業ビジネス面での恩恵を期待するものではあるが、年末から年度末に向けては例年、海外投資家から株式市場への資金流入もみられ、短期的にも投資妙味があると期待される、としている。中期的には増配を含む株主還元の積極化も視野に入るとコメントしている。

みずほFGの株価は13時42分現在213円(▼2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)