<チャートの視点>=空港施設、5・25日線のGCが実現

 空港施設<8864.T>は2日に5日移動平均線(3日時点:856円)と25日移動平均線(同:849円)のゴールデン・クロス(GC)が実現した。同銘柄は東京オリンピック開催に伴う空港施設の利用増加期待などから9月11日に年初来高値1094円をつけたが、その後は調整局面入り。ただ、現在は75日移動平均線(同:842円)をサポートラインとした三角もち合いを形成中で、株価と75日移動平均線とのカイ離は急速に縮まりつつある。
 なお、同社の地域別売上高構成比は羽田空港が85%弱を占めており、国内線の旅客数が好調に推移していることなどが追い風となりそう。また、羽田空港は来春に国際線の発着枠増加が予定されているほか、オリンピック決定を受けて容量拡大が検討されていることもあり、同社のビジネスチャンスはさらに広がりそうだ。

空港施設の株価は14時17分現在855円(▼3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)