企業の増資 機動的に・・・来年はエクイティファイナンスが増加しそうです。

日経新聞半歩先読み
企業の増資 機動的に 日本経済新聞  1面

日経新聞の1面記事で、企業の公募増資に関する規制が緩和され、増資発表時に価格決定が可能となるようです。これは、証券市場にとって、大きなプラス材料となりそうです。公募増資発表から実施までの期間が長かったので、この期間に売り崩されることが多かったのですが、今回の緩和でその懸念も少し薄らぎそうです。企業の成長の為の資金供給である公募増資は、証券市場の大きな役割です。この緩和によって、今後もっとエクイティファイナンスが増加しそうです。
エクイティファイナンスが増加すると、大手証券と、ディスクロージャー関連企業が潤いますね。

(7893) プロネクサス (東証1部) 646円 前日比  -9 (-1.37%) [売買単位:100株
上場企業のディスクロージャー大手 

(8604) 野村ホールディングス (東証1部) 788円 前日比  -21 (-2.59%) [売買単位:100株]
国内証券最大手

(8601) 大和証券グループ本社 (東証1部) 967円 前日比  -28 (-2.81%) [売買単位:1,000株]
総合証券2位

相場の福が授かりますように!!

※本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する証券会社の意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。