日信工が反発、「クルマの安全」をテーマに人気素地

 日信工業<7230.T>が反発。全体軟調地合いに抗して買いを集めている。同社はホンダ系のブレーキメーカーで今3月期営業利益が前期比倍増の180億円を見込むなど好調。ここにきて業績好調な自動車部品会社に注目する動きが出るなか、日本や欧米など先進国で、数年のうちに安全装備の義務法制化や安全性能評価基準の見直しが行われる見通しにあることから、「安全」をテーマに付加価値を創出する企業へのマークが特に強まっている。同社はABS(アンチロック・ブレーキシステム)など制動関連を強化しており、横滑り防止装置など電子制御系の開発に傾注している。

日信工の株価は10時59分現在2042円(△44円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)