日経平均先物下落で円買い強まる

米長期金利上昇もドル円買われず
欧州時間序盤、米長期金利がやや上昇したことなどからドル買いが強まって、ドル円は102.80円台まで、ユーロ円は139.60円付近まで上昇し、ユーロドルは1.3560台まで下落しました。しかしその後発表されたユーロ圏・10月小売売上高が予想よりも弱い結果だったこともあって株式市場が軟調な動きとなり、円買いが強まって、ドル円は102.40円台まで、ユーロ円は139.10円台まで下落し、ユーロドルは1.3590台まで反発しました。

NY時間序盤は欧州時間の流れを引き継ぎ、日経平均先物が一段安となる中ドル円は102.30円台まで下落し、ユーロドルは1.3600付近まで上昇しました。しかし発表された米・11月ADP民間雇用者数が予想を大きく上回る結果となると米長期金利が急上昇しドル買いが強まって、ドル円は102.70円付近まで上昇し、ユーロドルは1.3520台まで、ユーロ円は138.70円台まで下落しました。

続いて発表された米・11月ISM非製造業景況指数は予想を下回る結果となって、米長期金利が反落し、各国株式が上昇、日経平均先物も買われたことからドル円は102.70円付近まで、ユーロ円は139.20円付近まで上昇しました。しかし米長期金利が反発すると、NYダウや日経平均先物が再び下落し、全般的なドル売りが強まって、ドル円は101.80円台まで、ユーロ円は138.40円台まで下落し、ユーロドルは1.3600台まで反発しました。その後NY時間引けにかけては、NYダウが買い戻されたことから円売りが強まって、ドル円は102.30円台まで、ユーロ円は139.00円台まで買い戻されました。

今日の海外時間には、BOE(英中銀)とECB(欧州中銀)の政策金利発表とドラギ・ECB総裁の会見があるほか、米・第3四半期GDP、米・第3四半期個人消費、米・新規失業保険申請件数の発表と、ロックハート・米アトランタ連銀総裁、フィッシャー・米ダラス連銀総裁の講演が予定されています。

このところ追加緩和観測が遠のいているECBですが、今日のドラギ総裁の会見で今後の追加緩和の可能性を示唆するような発言があれば、ユーロ売りが強まると予想できます。