渋谷工が大幅高、再生医療関連のテーマで再注目

 渋谷工業<6340.T>が大幅高。25日線を一気に上回る急動意モードで、にわかに材料株人気再燃の気配にある。京都大学IPS細胞研究所は4日、治療に使うiPS細胞をあらかじめ作って備蓄する計画の開始を発表、安全性を確認して凍結保存し、研究機関に提供する方針であり、iPS細胞関連株に物色の矛先が向かっている。同社は理化学研究所発ベンチャーのヘリオス(旧日本網膜研究所)、ニコンとともに17年度をメドに「細胞シート」の量産装置を開発する方向にあり、再生医療分野への展開力の高さが再注目されそうだ。

渋谷工の株価は12時48分現在1766円(△187円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)