アツギが出来高増勢で反発、寒さ募り冬物ストッキング需要喚起

 アツギ<3529.T>が出来高増勢のなか反発。出遅れ低位材料株の一角として物色資金が向かっている。寒さが強まり、にわかに冬の風情となっており、同社が手掛ける「アスティーグ」などの主力ストッキングの売れ行きに拍車がかかる可能性がある。既にこれに先立って「アスティーグ」は秋冬向けに商品ラインアップを拡充し、店頭での販促活動も強化するなど消費者の需要取り込みを図っている。信用買い残は5月の戻り高値水準の時と比較して半減しており、株式需給面でも軽くなっている。

アツギの株価は14時1分現在120円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)