NTTドコモが3日続落、チャイナモバイル、KT社と事業協力契約延長も利益確定売り続く

 NTTドコモ<9437.T>が3日続落。前日に中国のチャイナモバイル、韓国KTコーポレーションとの3社間事業協力契約について17年1月まで3年間延長すると発表したが、3日に年初来高値1670円をつけてから利益確定売りに上値の重い展開が続いており、相場全体が軟調に推移していることもあって売りが先行している。今回の契約延長により、ドコモは日中韓で「LTE国際ローミングサービス」の早期提供を目指す。第1段階としてKTのユーザー向けにドコモのLTEネットワークへの国際ローミングインサービスを2日から開始している。

NTTドコモの株価は14時11分現在1635円(▼8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)