CTCが3日ぶり反発、マレーシアとシンガポールのデータ拠点一体運営と報じられる

 伊藤忠テクノソリューションズ<4739.T>が3日ぶりに反発。きょう付の日経産業新聞で、マレーシアとシンガポールのデータセンター内に置いた顧客サーバーを仮想的に一体運営すると報じられたことを材料視。記事によると、14年当初から実証実験を始め、3月からサービスを提供するという。遠隔地のデータセンターを仮想的に一体運営できる技術力をアピールし、アジアの顧客を呼び込むのが狙いとしており、受注増加への期待が高まっている。

CTCの株価は14時22分現在3945円(△70円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)