今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 石川久美子

今夜の注目材料は?
東京市場のドル/円相場は午後に入って日経平均が失速する値を下げ、欧州市場序盤には101.90円前後で推移しています。今夜これからの展開について、予定されている経済イベントを確認しつつ考えて見ましょう。

12/05(木)
21:00☆(英) BOE金融政策発表
21:45☆(ユーロ圏) 欧州中銀政策金利発表
22:15 (米) ロックハート・アトランタ連銀総裁講演
22:30☆(ユーロ圏) ドラギECB総裁、定例記者会見
22:30☆(米) 11/30までの週の新規失業保険申請件数
22:30☆(米) 第3四半期GDP・改定値
24:00 (加) 11月Ivey購買部協会景気指数
26:15 (米) フィッシャー・ダラス連銀総裁講演
※☆は特に注目の材料

ドル/円相場に直接影響する可能性がありそうなのは米新規失業保険申請件数と米第3四半期国内総生(GDP)・改定値です。ただ、ここ数日、米経済指標に対するドル/円の反応は鈍く、どちらかといえば株価睨みの展開となりそうです。

欧州・英国の金融政策は双方据え置きの見通しですが、欧州についてはドラギECB総裁が記者会見で追加の金融緩和について何らかの言及をするかどうかが注目されます。