ユークスが第3四半期累計決算を発表、営業利益、純利益は通期計画上回る

 ユークス<4334.T>がこの日の取引終了後、第3四半期累計(2~10月)連結業績を発表しており、売上高28億6400万円(前年同期比43.5%増)、営業利益6億2100万円(前年同期2億7500万円の赤字)、純利益5億9500万円(前年同期比5.8倍)となった。受託ソフトでは、同社の代表作で米人気プロレス団体WWEをモデルにした「WWE 2K14」を10月に発売したほか、自社ソフトでは7月に人気映画「PACIFIC RIM」の映画公開に合わせて格闘ゲーム「PACIFIC RIM」のダウンロード販売を開始。これらが寄与して売上高が順調に推移し業績を押し上げた。
 なお、14年1月期通期業績予想は売上高28億3000万円(前期比5.0%減)、営業利益3億2600万円(前期5億6300万円の赤字)、純利益3億1300万円(前期比47.9%増)の従来予想を据え置いており、営業利益、純利益は第3四半期累計決算で通期計画を上回っている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)