ワイヤレスGが7連騰、12月末株主に対する1対2株の株式分割を好感

 ワイヤレスゲート<9419.T>が7連騰で新値追いの展開。5日の取引終了後、12月31日時点の株主に対して1対2株の株式分割を実施すると発表したことが好感されている。効力発生日は来年1月1日。投資単位あたりの金額を引き下げて、株式の流動性を高めるとともに、投資家層のさらなる拡大を図ることが目的という。直近では、外国客誘致増加に向けた公衆無線LANの整備の必要性から事業機会拡大への期待が高まり、株価は上昇していたが、株式分割発表で上昇に拍車がかかったようだ。

ワイヤレスGの株価は9時23分現在5240円(△390円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)