関門海が急伸、「和食」関連で短期筋攻勢へ

 関門海<3372.T>が急伸。195円まで買われ、持ち前の材料性を背景に動意鮮明となっている。関東、関西を地盤とする格安フグ料理チェーンで、業績は大底脱出。日本政府が推薦した「和食」の無形文化遺産への登録が決定したことで、同社株など関連株に思惑が広がっている。前日は170円台半ばの売り板が厚く目先筋が買い上がるのを躊躇させたが、きょうは寄り付き早々に大口の買いが入りそこを突破、低位の株価と相まって本格人気化の気配を漂わせている。

関門海の株価は9時46分現在185円(△12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)