日産自が反発、ルノー中国進出でビジネスチャンス拡大に期待

 日産自動車<7201.T>が反発。6日の日本経済新聞が「ルノーが中国・東風汽車集団との合弁事業について国家発展改革委員会から認可を受けた」と報じたことを受け、14年以上の提携関係にある同社に中国マーケットでのビジネスチャンスが広がるとの期待が高まった。同社は東風汽車集団と合弁会社を設立、日本の自動車メーカーとしては中国で最大のシェアを持つ。今後はルノー・日産連合として車種の拡大や部品の共同購買などで規模のメリットが得られやすくなるとみられると伝えている。株価は前日まで5日続落していたことから、買い戻しが入りやすいタイミングにあった。

日産自の株価は9時56分現在894円(△14円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)