きんえいが続落、第3四半期黒字転換も材料出尽くし感

 きんえい<9636.T>が続落。5日取引終了後に発表した今14年1月期の第3四半期(2~10月)決算は売上高24億1600万円(前年同期比4.5%増)と微増収ながら経常利益7900万円(前年同期1300万円の赤字)と黒字転換を果たした。ただ、株価は業績回復を織り込むかたちで水準を切り上げ、前日に年初来高値2697円をつけており、好決算発表が材料出尽くし感につながったようだ。第3四半期は劇場売上げが拡大し赤字幅が縮小、事務所フロア空室率が大幅に低下したことから不動産は増収大幅増益になった。通期は売上高31億円(前期比0.4%減)、経常利益9000万円(前期300万円)と前回予想を据え置いた。

きんえいの株価は9時53分現在2635円(▼15円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)