フュージョンは一時ストップ高、富士火災へFAQサービス「i-ask」導入を材料視

 フュージョンパートナー<4845.T>が一時ストップ高。同社は5日、富士火災海上保険のWebサイト内に傘下のデジアナコミュニケーションズのFAQサービス「i-ask」が導入されたと発表。これを材料した買いが入っているようだ。「i-ask」はWebサイトのFAQコンテンツ作成に特化したコンテンツ管理システム(CMS)で、顧客から多く寄せられる質問に回答をつけたページを、HTML(ウェブ上の文書を記述するためのマークアップ言語)などの専門知識がなくても作成・管理することができるシステムとなっている。
また、「i-ask」導入のメリットとしては電話やメールでの問い合わせ対応の業務負荷の削減が可能となることや、検索キーワードなどの解析によって、ユーザー動向分析が実現できることなどが挙げられており、今後の導入拡大が期待されている。

フュージョンの株価は10時24分現在3万4050円(△4090円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)