関西電、中国電など電力株に高いものが目立つ、原発は「重要なベース電源」との政府見解で

 東京電力<9501.T>や関西電力<9503.T>、中国電力<9504.T>など電力株に高いものが目立ち、10時50分現在の東証1部業種別株価指数騰落率で、電気・ガスセクターが値上がり率トップとなっている。きょう付の日本経済新聞で、「政府は新たなエネルギー基本計画で、原子力発電所を『重要なベース電源』とする見解を示す」と報じられたことが材料視されているもよう。原発再稼働などで今後の収益回復ペースが早まるとの見方が強まっているようだ。

関西電の株価は10時48分現在1187円(△45円)
中国電の株価は10時48分現在1516円(△28円)
東電の株価は10時48分現在541円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)