精工技研がストップ高、従来の4倍以上の画素数に対応したスマホ向けカメラレンズ開発と報じられる

 精工技研<6834.T>が前日比ストップ(100円)高の730円まで上げ幅を広げた。6日付の日経産業新聞が「従来品の4倍以上の画素数に対応したスマートフォン(スマホ)向けのカメラレンズを開発した」と報じられたことが買い手掛かりになったようだ。独自の製造方法で、耐熱性が高く厚みのばらつきも小さくした。スマホをはじめ車載機器や医療機器などへの採用も提案し、幅広く市場を開拓。2年後をメドに同分野の売上高を現状の2倍に引き上げると伝えている。株価は約3カ月間600~640円のレンジで推移しており、一気にボックス圏を上放れ、5月につけた年初来高値760円をうかがう動きになっている。

精工技研の株価は12時54分現在730円(△100円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)