<チャートの視点>=日立化、移動平均線や一目均衡表でチャート妙味増す

 日立化成<4217.T>にチャート妙味が出てきている。現在、5日移動平均線(5日時点:1568円)と75日移動平均線(同:1574円)が接近中で、ゴールデン・クロス(GC)が視野に入っている。一方、一目均衡表をみると、先行スパン1(5日時点:1528円)と先行スパン2(同:1581円)で囲まれた範囲(雲)を突破しつつある。
 なお、同社は5日に、インドネシアの子会社で、粉末冶金製品の生産能力を増強すると発表している。今回の増強はインドネシアで二輪車市場や四輪車市場のさらなる拡大が見込めることが背景にあり、会社側では同国内の二輪および四輪用の粉末冶金製品の需要を積極的に取り込んでいくとしている。

日立化の株価は13時12分現在1584円(△2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)