三菱UFJが3日続落、三菱東京UFJ銀行がバングラデシュ大手民間銀行と提携発表も反応鈍い

 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>が3日続落。前日に傘下の三菱東京UFJ銀行がバングラデシュの大手民間銀行プライム銀行と業務提携すると発表したが反応は鈍い。3日に戻り高値674円を付けて以降、利益確定売りに上値を抑えられており、きょうも小高く寄り付いた後はマイナス圏に沈んでいる。プライム銀行は首都ダッカを中心にバングラデシュ全土に130店以上の支店網を持ち、法人、個人向けに総合的な金融サービスを行う。バングラデシュは縫製品輸出などを牽引役に過去10年間で平均約6%の経済成長を継続、日系企業の進出も過去3年間で倍増するなど増加傾向にあり、プライム銀行と連携して現地に進出する企業への支援体制を強化、金融サービスを充実していく。

三菱UFJの株価は13時35分現在639円(▼4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)