レオン自機が反発、足利銀の上場接近で再動意含み

 レオン自動機<6272.T>が反発。製パン機メーカーで高い商品技術力を背景に業績は好調に推移しているが、その仕手材料性に注目する向きも多い。宇都宮に本社を構え、12月19日に再上場が決定した足利銀行を大株主に擁する銘柄として短期筋の食指を動かしている。
11月15日に660円の高値をつけてからは利益確定売りをこなす展開だったが、チャートの大勢トレンドは崩れておらず、4日付で日々公表銘柄指定が解除されたことも追い風に、25日移動平均線とのカイ離修正完了から再動意含みの展開。

レオン自機の株価は13時52分現在551円(△12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)