ローツェが続伸、改めて自動細胞培養システム向けソフトウエアの開発に注目集まる

 ローツェ<6323.T>が続伸。きょう付の日刊工業新聞で、iPS細胞など細胞を自動制御しながら培養できるソフトウエア「アシュラ」を開発した(会社発表11月25日)と報じられており、改めて注目が高まっている。これまで手作業が主流だった細胞培養処理では困難だった培養時間や培地交換タイミングなどの条件を安定させるのに効果があり、あらかじめ定めた培養スケジュールや条件に基づき、細胞培養装置やその他の装置を一括制御する。価格は500万円からで、17年2月期には15セットの販売を見込んでいるという。

ローツェの株価は14時5分現在448円(△11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)