日東網が10月中間決算を発表、復興需要一段落で定置網の売り上げ減少

 日東製網<3524.T>がこの日の取引終了後、第2四半期累計(5~10月)連結決算を発表しており、売上高86億3700万円(前年同期比10.0%減)、営業利益3億7400万円(同32.1%減)、純利益1億1800万円(同54.7%減)となった。復興需要の一段落で定置網や漁船などの売り上げが減少したほか、産業用機械などの受注回復の遅れなどが響いた。
 なお、14年4月期通期業績予想は、売上高155億円(前期比13.3%減)、営業利益5億5000万円(同8.0%減)、純利益2億5000万円(同17.8%減)の従来予想を据え置いている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)