HIOKIが13年12月期業績予想を下方修正、得意先の設備投資慎重が響く

 HIOKI<6866.T>がこの日の取引終了後、13年12月期の連結業績見通しを従来予想の売上高148億円、経常利益10億6000万円から、売上高141億7000万円(前期比6.0%減)、経常利益7億1000万円(同40.1%減)に下方修正した。主要ユーザーである電気機械業界の設備投資が依然として慎重であることや、海外で自動試験装置の売上高が低迷していることなどが要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)