来週の株式相場見通し=SQ控え売り基調継続、1万5000円は下値抵抗線

C9a90f44f

 来週(9~13日)の東京株式市場は、日本時間6日午後10時30分に発表される米11月の雇用統計の内容に左右されることになりそうだ。週末13日の、株価指数先物・オプション12月物のメジャーSQ(特別清算指数)算出を控えて、現物株の裁定買い残高が4兆円超と高水準に積み上がっていることから裁定解消売りが懸念される。さらに、証券優遇税制廃止に伴う個人投資家からの売りも継続することになりそうだ。
 ただ、25日移動平均線(1万5036円=6日)や、心理的なフシ目である1万5000円は下値抵抗線として作用することが期待されている。日経平均株価の想定レンジは、1万5000~1万5600円とする。
 日程面では、7~9月期のGDP改定値、10月の国際収支、11月の景気ウォッチャー調査(9日)、10~12月期の法人企業景気予測調査、11月のマネーストック、11月の工作機械受注(10日)、10月の機械受注、11月の国内企業物価指数(11日)、11月都心オフィス空室率(12日)、日・ASEAN特別首脳会議(13~15日)、メジャーSQ算出日(13日)。海外では、中国11月の鉱工業生産・小売売上高(10日)、米11月小売売上高(12日)、米11月卸売物価(13日)が焦点。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)