円安で外国人観光客増加<9708>帝国ホテルに分割後の調整明け期待

大企業の交際接待費経費算入の半額可能で消費増税落ち込み回避期待の帝国ホテル
●どんな会社?

東証2部上場
売買単元100株
年予定配当18円

日本有数の高級ホテル。
もともと外国人宿泊客が多いが、円安効果でさらに観光客増加が期待できそうだ。
国内では消費増税で消費落ち込みが懸念される中、来年度から飲食に限り、大企業の交際接待費の半額が経費算入できるとの政府案が下支えとなりそうで歓迎したいニュース。

●投資プラン

9月に1:2の分割を実施。これによりある程度の流動性が確保された。急激な値上がりによる利確や分割の消化で9月以降、ゆったりと右肩下がり傾向が続いているが、そろそろ出直ってきてもいいころだ。12月7日の株価は2170円。ここから2000円あたりを調整の価格帯メドとして、10~20%程度の反発を期待したい。