コックスが底堅い、11月既存店は5.3%減ながら冬物は回復傾向

 コックス<9876.T>が底堅い動き。同社は6日、大引け後に11月の月次売上高速報を発表。全社では前年同月比7.5%減、既存店では同5.3%減となった。上旬までは、高い気温の影響により軽衣料中心の売り上げとなり、アウターを中心とした冬物は苦戦しているが、中旬以降の冷え込みと共に、回復傾向となっている。全店、既存店とも4月以降、前年同期比でナイナスが続いているが、気温の急速な低下から12月は冬物衣料の回復の可能性もある。

コックスの株価は10時48分現在198円(▼1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)