ニッピが5日続落、公募増資など発表で希薄化や需給悪化を懸念

 ニッピ<7932.T>が5日続落。この日は、前週末6日引け後に210万株の公募増資や20万株の売り出し、オーバーアロットメントによる売り出し34万5000株などで最大23億2700万円を調達すると発表しており、これに伴う一株利益の希薄化や需給悪化懸念が生じているようだ。調達した資金は、富士宮工場のケーシング製造設備設置の投資に全額充てる方針。なお、公募・売出価格は12月16~18日に決定の予定。

ニッピの株価は10時58分現在964円(▼51円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)