三井製糖が新値追い、医薬品ロイヤルティ伸び再増額も視野

 三井製糖<2109.T>が3日続伸で新値街道にあり、2011年5月以来約2年半ぶりの400円台復帰を指呼の間にとらえている。前期に工場統合などの合理化に着手したことで利益率が改善している。砂糖の出荷価格を11月から約2%値上げによりコスト上昇を吸収しているほか、製薬大手ノバルティスが販売する多発性硬化症治療薬など医薬品のロイヤルティ収入が伸びていることも収益にプラス材料。「14年3月期業績は再増額の公算も大きい」(中堅証券情報部)との見方が強まっている。

三井製糖の株価は11時30分現在394円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)