日機装が5日ぶり反発、航空機向け逆噴射装置用カスケードで世界シェア独占

 日機装<6376.T>が5日ぶり反発。株価は高値圏で利食われ11月下旬から調整色をみせていたが、目先売り一巡で押し目買いが入ってきた。米国シェールガス革命の恩恵を享受するかたちで化学ポンプが好調だが、同社のもうひとつの得意分野である航空機向け部品も収益牽引役としての期待が高まっている。米ボーイング社をはじめ世界的な航空機増産の流れを受けて世界シェアをほぼ独占する逆噴射装置用カスケードが好調に推移、中期的にも拡大が見込めることから、株価の新たな買い材料として注目されそうだ。

日機装の株価は12時48分現在1281円(△33円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)