デンソーが大幅高、円安と自動車生産回復で見直し進む

 デンソー<6902.T>が大幅高。為替が一時1ドル=103円台に入るなど円安の流れを多い風に自動車株が買われているが、自動車部品大手でカーエアコンの国内シェア過半を占める同社に歩調合わせて買いが厚くなっている。エアコンに限らず、省燃費や安全技術などで業界を先駆、車載電装品のラインアップは業界でも一頭地を抜く存在で、ここ世界的な自動車生産の回復は心強いフォローウインドとなっている。また同社は4日、子会社の自動認識装置、産業用ロボットなどの機器開発・販売を行うデンソーウェーブと、これらの製造を行うデンソーエレックスを2015年1月に経営統合することを発表、グループ内の構造改革も進捗させている。

デンソーの株価は12時59分現在5070円(△155円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)