<後場の注目銘柄>=日特殊陶、プラグ、センサーが好調

 日本特殊陶業<5334.T>の自動車関連事業は、北米や新興国中心に生産台数が伸びていることに円安効果も加わり、プラグやセンサーが好調に推移している。

 同社は14年3月期の通期業績見通しを、従来予想の売上高3050億円から3240億円(前期比7.0%増)へ、営業利益380億円を470億円(同97.9%増)へそれぞれ上方修正した。

 中期的にも燃費規制の強化などによるプラグ、センサーの需要堅調のほか、セラミックパッケージもコスト低減による収益改善が図られている。

 株価は、10月30日に安値2088円をつけて以降、上昇軌道持続で年初来高値を更新。東証信用倍率は1.3倍と拮抗している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)