富士通ゼが6日ぶりに反発、シティ証が「買い」、目標株価1490円を継続

 富士通ゼネラル<6755.T>が6日ぶり反発。この日は、シティグループ証券が6日付で投資判断「買い」、目標株価1490円を継続したことが観測されている。同証券では、円安が業績にネガティブに働くことから、円安の進展が株価下落の要因と推測しているが、円安懸念による株価下落は行き過ぎと指摘。仮に為替前提を1ドル=110円、1ユーロ=140円と想定すると、同証券の来期予想に対して30億円の利益下振れ要因となるが、15年3月期の予想EPSは90円と試算され、株価倍率もPER12倍台と割安な水準にとどまるとしている。

富士通ゼの株価は13時26分現在1111円(△31円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)