三菱重が続伸、アストモスエネルギーから大型LPG運搬船を受注

 三菱重工業<7011.T>が続伸。円安が進行し主力の輸出株に買いが先行するなか、6日にアストモスエネルギーから、大型LPG(液化天然ガス)運搬船を受注したと発表したことが支援材料になった。今回受注したLPG運搬船は長さ230メートル、幅36.6メートル、総トン数4万8300トン、LPG積載量8万3000立方メートル規模の大型船。独自の船型を採用したことなどにより、世界トップレベルの省エネ性能と、ターミナルごとに異なる接続条件に対応するなど、世界の主要LPGターミナルへの接続を可能にした。長崎造船所で建造し、15年下期に完成・引き渡しを予定している。

三菱重の株価は13時43分現在639円(△11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)