川崎重は上伸、ボーイング787派生型機向け新工場を建設

 川崎重工業<7012.T>が上伸。同社は9日、航空機製品の生産・組立工場である名古屋第一工場で、ボーイング787を増産するために工場建設を開始すると発表した。
 同社は、ボーイング787の生産について前部胴体、主脚格納部、主翼固定後縁を担当していたが、新工場で主に派生型機の前部胴体を生産する。現在、ボーイング787は世界各国で運航されており、各型合わせた受注機数は1000機を超えている。

川崎重工の株価は13時55分現在424円(△12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)