今週はメジャーSQを週末に控え、先物主導で荒い動きも

メジャーSQを前に先物主導の相場展開。中小型株物色へ
 先週の予測では、クリスマス商戦が好調であれば株高・ドル高となって日経平均も上値を試すことになり、円が103円を試す動きとなれば先物主導で上値を試すことになるとしました。
3日(火)は、前日のアメリカ市場でクリスマス商戦の期待はやや後退したものの経済指標が好調なためドルが買われ一時103円台の円安となったことで、15779円まで上昇して△94の15749円で引けました。しかし、アメリカで雇用統計を控えて株式とドルが売られたことで、4日(水)は「円安・先物買い」の解消で急落となり▼341の15407円、5日(木)も▼230の15177円と2日連続の大幅下落となりました。週末の6日(金)は円高一服となったことで買い戻しが入り、△122の15299円と反発して引けました。
今週は、リバウンドを意識するものの週末13日(金)にメジャーSQの清算日を控え、先物主導で波乱含みの展開が想定されます。テクニカル的には過熱感も解消されてきていますので、今週のSQ通過後は需給関係も改善されるので、来週から中小型株物色の相場が始まる可能性があります。海外勢は、SQ以降はクリスマス休暇に入るため、出来高が減少すれば中小型株相場となりそうです。
 週明け9日(月)は、先週末にアメリカ市場で雇用統計の改善を受けて株高・円安となっていたことで△256の15556円で寄り付き、為替がドル・円で103円台、ユーロ・円で141円台の円安進行となったことで△350の15650円で引けました。柴田罫線では、12月3日のザラ場高値15794円を終値で抜けると再度の買転換となって5月23日の15942円を試す動きとなります。