ナトコが13年10月期は業績上振れで着地、剰余金の配当実施で期末24円配

 ナトコ<4627.T>が9日、13年10月期の連結決算を発表した。売上高は前回9月3日時点で予想した153億円から160億600万円(前の期比17.0%増)に、営業利益は20億5000万円から25億6000万円(同2.5倍)に、最終利益は11億5000万円から15億700万円(同3.0倍)にそれぞれ上乗せされた。新規採用されたスマートフォン向けコーティング材の売上高が好調だったことに加え、外装建材用塗料が消費増税前の駆け込み需要などで堅調に推移し、前回の会社側の見通しを上回った。利益面では生産性向上によるコスト削減効果も寄与した。また同日、10月末を基準日とする剰余金の配当を行うことも発表、13年10月期の期末配当は直近予想だった16円に8円上乗せして24円とする。年間配当は中間期8円配当と合わせて32円、12年10月期実績16円に対して倍増となる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)