10日の株式相場見通し=買い先行も利益確定の売りに押される展開

 10日の東京株式市場は、前日の米株式の堅調や、外国為替市場での円安・ドル高傾向の継続を受けて、買い先行のスタートとなりそうだ。ただ、前日の大幅上昇の後だけに、買い一巡後は、利益確定の売りに押される展開も想定される。
 9日の米国株式市場は続伸。NYダウ平均株は、前週末比5ドル高の1万6025ドルとなった。外国為替市場では、1ドル=103円30銭台での推移となっている。
 日程面では、10~12月期の法人企業景気予測調査、11月のマネーストック、10月の第三次産業活動指数、11月の工作機械受注に注目。海外では、中国11月の鉱工業生産・小売売上高・都市部固定資産投資、EU財務相理事会、米10月の卸売り在庫が焦点となる。

<株式トピックス>=2日間の下落分を2日でほぼ取り戻す

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)